2015-10-11_230253
auからソフトバンクに
乗り換えした場合に、
2年かからないでauを解約
すると違約金が生じます。

違約金を納めないで済むポイント

いましがた話したとおり、
この違約金は値引サービスの道中解約に
関してのものなので、契約を実戦した
というようなケースは、起こりません。

仮に1年契約の年割をピタリと
12ヶ月間用いれば、13ヶ月目は
更新過程をする月と言えます。

ほっておけばオートマティックに
更新だけれど、更新なき場合という
選定の自由が存在するので、
この更新月間乗り換えを敢行すれば、
違約金は納めないで済むということだと言えます。

違約金を清算したくなくて更新月を控えるより、
キャンペーンを使用した方が正しいやり方かもしれませんね。

アドバンテージとなる案内はしっかりチョイス!

キャンペーン情報は、ショップは間違いなく、
WEBでもチェックする事が出来ます。

意外なものとしてウェブで情報発信をしておりませんでしたり、
しばらくアップデートしていないショップも存在しますが、いくつかでも
引っかかればその分の情報収集に必要な時間を軽減できます。

最高度○万円キャッシュバックといった高価なキャッシュバックを
主力商品と捉えているショップも存在しますが、それ以外に有料オプションの
契約の確保が決まりとなっていると考えられますので
契約の直前にパーフェクトにショップにチェックしましょう。

情報はシビアにチョイスして、リーズナブルに乗り換えすべきです!

違約金の出現パターンと決済シーズン

MNPを活用すると言うのは、ただ今持っているスマホの企業との契約を
中止して、真新しいスマホ会社と連絡先は変わらずに
契約をするという意味だと認識してください。

迷うことなくは普段通り利用し続けているような
感じもするかもしれないけれど、お申し込み上はまぎれもない解約です。
そういった背景から、モノによっては違約金に相当する事もあります。

auからソフトバンクへ乗り換えするにあたって、現在の携帯業者で
使用中の割引プランに応じて3150円~の違約金が
発生します。

ですがイレギュラーとして、割引プランを介していなかった場合、
一方で更新月での解約の際には、違約金は取られません。